山口県の魅力

山口県

山口県の見どころ

角島大橋 つのしまおおはし

角島大橋

下関市豊北町の沖に位置する角島は、エメラルドグリーンの海に浮かぶ、白い砂浜が美しい小さな島です。

風光明媚な景勝地として、また映画やテレビCMのロケ地としても有名な山口県屈指の観光名所ですが、角島へ一直線に伸びていく角島大橋も、今や多くの人が「一度は訪れたい!」と憧れを抱く“絶景の地”として知られています。

2000年に開通し、無料で渡れる一般道路としては日本屈指の長さ(1,780m)となっています。

日本の橋ランキング1位、ベストセラー「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」でも第3位に選ばれるなど、日本に数ある美しい橋の中でも、その頂点に君臨する絶景スポットです。

錦帯橋 きんたいきょう

錦帯橋

日本三名橋のひとつ「錦帯橋」は、錦川の清流に架かる日本を代表する木造橋です。
他に例を見ない特異な姿の五連のアーチ型の反り橋が特徴で、大正11年 (1922) には国の名勝に指定されています。

延宝元年(1673)第三代岩国藩主吉川広嘉により創建されたもので、現在の橋は四代目にあたります。
木と木の組合せによって支えられ、巻金とカスガイのほかは1本の釘も使われていません。
錦川の河原から錦帯橋の裏面を見上げると、精緻な組木のダイナミックな構造美を見ることができます。

4月29日の錦帯橋まつりでは大名行列が橋を渡り江戸時代をしのぶことができます。

元乃隅稲成神社 もとのすみいなりじんじゃ

元乃隅稲成神社

昭和30年に島根県津和野町太皷谷稲成神社から分霊された神社です。

商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神です。
「稲荷」神社は全国で四万社ほどありますが、「稲成」神社は二社のみです。

昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻です。

神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。

山口七夕ちょうちんまつり やまぐちたなばたちょうちんまつり

山口七夕ちょうちんまつり

殿御輿や姫御輿・ちょうちん山笠が練り歩き、約10万個の紅提灯が織りなす、日本が誇る日本三大火祭りのひとつです。

室町時代に山口を本拠として分国を治めていた守護大名の大内盛見が先祖の冥福を祈るため、お盆の夜に笹竹の高灯籠に火を灯したのがはじまりと伝えられています。

1587年 豊臣秀吉が九州へ攻め込んだ際にお供した細川幽齊は、山口滞在中に「九州道の記」の中で「七夕の別の袖にくらべみよ露ながらかす旅の衣手」の一首を詠んでいます。

まちを愛し、家族の絆や先祖を敬う、市民の盆行事として受け継がれています。

秋吉台 あきよしだい

秋吉台

山口県美祢市中・東部に広がる日本最大のカルスト台地です。
厚東川によって東西二つの台地(東台と西台)に分けられ、東側地域が特別天然記念物、国定公園に指定されています。

地表には無数の石灰岩柱とともに多数のドリーネが発達し、地下には秋芳洞、大正洞、景清洞などのほか多くの鍾乳洞があります。

11月には宙を映し出す鏡に見立て、カルスト台地に様々な星空・星座を浮かび上がらせ、2月には昔からの伝統が今も受け継がれている日本最大規模の圧巻の山焼きが実施され、春には緑の草と白い石灰岩のコントラストが美しく浮かび上がります。

別府弁天池湧水 べっぷべんてんいけゆうすい

別府弁天池湧水

透き通ったブルーの水が不思議なほどの美しさを見せる湧き水「別府弁天池」。

この湧水は摂氏14度の限りなく無菌に近い透明度の高い水で、環境庁より昭和60年7月20日、日本名水百選に選定され、灌漑や養鱒にも利用されています。

併設されている美祢市養鱒場釣り堀では、ニジマス釣りを楽しむことができます。

また、ここは別府厳島神社の境内でもあり、その昔、辺りを開墾したものの水不足に悩む長者が、夢のお告げ通りに弁財天を勧請すると水が湧きだしたという伝説があり、毎年秋にはこの神与の水に感謝の気持ちをこめ、念仏踊りが奉納されています。

瑠璃光寺五重塔 るりこうじごじゅうのとう

瑠璃光寺五重塔

奈良の法隆寺、京都醍醐寺とならび、日本三名塔の一つに数えられる瑠璃光寺五重塔は、嘉吉2年(1442)の建立です。
全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、室町中期における最も秀でた建造物と評されています。

応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立したものです。
檜皮葺屋根造りで高さ31.2mのこの塔は、明治36年(1903)に国宝に指定されました。
大内文化を優雅に伝える山口観光のシンボルです。

この国宝、五重塔は観光山口のシンボルとして桜や楓の裏山を背に、大内文化を優雅に伝えています。
また、夜間は日没から22:00までライトアップされ、夜も見どころの一つです。

山口県について

基本情報

面積 6,112 km2 2017年12月05日時点
人口 約140万人 2017年12月05日時点

役所情報

住所 〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号
電話番号 083-922-3111(代表)
ホームページ http://www.pref.yamaguchi.lg.jp